ふらっと♭

ふらっとおたくらいふろぐ

わたしの、かけら

 

過去のわたしの残骸、と言うとあまりにも切ないので、かけらを見つけた。

 

声を使う職業を目指していた。

あきらめた。

 

その、数年前まだわたしが夢を追いかけて追いかけて、毎日がむしゃらに過ごしていた時期の、声が出てきた。

 

あー、きらきらしてたなとか。

変わらないな、とか。

頑張ってたな。

とか。

あのとき周りにいたひとたちは一体どこでなにしているのかな?とか。

 

 

なにひとつ無駄なことはないと思うし、人生やり直せたとしても、もう一度同じ道を選ぶと思う。

 

って、彼女は言ってた。

偶然ね、今も同じ気持ちです。

こどものころからずっと夢見て、やりたかった職業をあきらめて、長年やってきた仕事も辞めて。

失ったものもたくさんあるけど、手元に残った大切なもの、新しく手に入れたものもたくさんある。

気づけたこともある。

 

 

まだまだ未熟ものだけど、自分の軸がぶれていなかったことは誇りに思える。

そうやって、少しだけ、持てる分だけのものを大切に生きていきたい。

必要以上に執着しない。

 

あきらめる道を選ぶことだって勇気。

辞める道を選ぶことだって勇気。

別れる事を選ぶことだって勇気。

すべて、エネルギーのいることでした。

ただ、やらなくて後悔だけはしたくないから。

飛び込む勇気も必要です。

 

人生は一度きり。

ゆるっと楽しもう。

 

 

そんな、26歳になって初めての日記。

大好きな友達と美味しいごはんも食べて、しあわせないちにちでした。

 

まー、笑って過ごそうよ!